借家の法律

賃貸を利用することを、借家と言います。
この時、借りている人のことを借家人と良い、貸している人のことを家主と言います。
前者は店子と呼ばれることもあり、後者は大家と呼ばれることもあります。
基本的には呼び方が違うだけで同じものだと理解して頂ければ良いでしょう。


では、この借家人と家主とは、どのような関係として扱われるのでしょうか?この両者の関係について把握するためには、借家に関する決まりを定めている法律、借家法について知っておく必要があります。
借家法には両者間に生じうるトラブルなどに対する規定が行われており、事前に確認してから利用することでトラブルを事前に回避することか可能になります。


特に重要になるのは、自分が家主となる場合です。
借家法においては家主の権利だけではなく、借家人の権利についても規定されているため、場合によっては自分にとって不利な条件が含まれている可能性もあります。
当然自分の方が有利になると考えていると、大きなしっぺ返しを食らう可能性もありますから、そういったことがないように注意しておきましょう。


特にトラブルが発生しやすいのが、明け渡し請求に関する問題です。
家主側としては、元々自分の持ち物なのだから自分の好きなタイミングで借家人に明渡しを請求できるように思われがちです。
実際、昔の法律ではその通りの規定がなされており、借家人の明け渡さない権利は認められていませんでした。
これがどう変わってきたのかも紹介します。


▽特選サイト
借地権を相続する場合や相続させる場合に役立つ無料相談サイトです > 借地権 相続

Copyright © 2014 家主と借家人の関係とは? All Rights Reserved.